茶トラ猫モミジの日常生活と、少しばかり健康について語っていけたらなぁ・・・というブログです。  
今のところ写真がぼちぼちですが、健康ネタも増やしていく予定です。  

ペットフードリコールについてCNNで放送したので
キャプしてみました。 日本語同時通訳版です。



6000万のフードがリコール対象なので、被害にあった割合を計算すると
死亡数は数千匹になるのでは・・・と報道されていました。

ニュースで紹介されていたサイトですが、
http://www.petconnection.com/
このサイトによると、3200匹近いペットが死んだ疑いがあるとのことです。
(公式に死亡が認められているのは14匹ですが)

最新ではオレゴン州だけで38匹の死亡を確認したそうです。
http://edition.cnn.com/2007/US/04/04/pet.deaths/index.html

こんなに被害が大きいのに、日本だとほとんど放送されていない・・・
CNNなど海外のテレビ局はニュース1ターンに一度は警告している感じなのですが。CNNでは中国で取材を進めているそうです。

----------------------------------------------------------------
モミジは軽いアレルギーがある事を覗けば、健康だけが取り柄というほど、
快食・快眠・快便で暮らしています。
むにっ

ただ一度だけ病院に担ぎ込む事態になった事がありました。
1年前(モミジが6歳頃)、朝から嘔吐して少し元気がなかったのですが、吐く事は良くあるし大丈夫だろうと思い、そのまま仕事に出かけました。
帰宅するとベッドでぐったりしていて、目線以外動けない状態でした。こっちを見ながらゴロゴロ言うのですが、しっぽも動かせないほど。

幸い近所に24時間営業の動物病院があるので、そのまま担ぎ込みました。
診察の結果は、熱が41度近くあり脱水症状を起こしているとのこと。熱止めと、点滴代わりの注射を3本打ったら、数時間後には歩けるくらいになりました。

医師が言うには、アレルギー性腸炎かもしれないけれど、はっきりした原因は分からないと言う事でした。翌日には食べられるくらいに回復したので良かったですが・・・。

動物の病気は原因の特定が難しいと事がよくあるそうで、詳しく徹底的に検査するとなると入院して何十万もかかる・・・しかも原因は分からない事が多いので薦めないと言われました。

今回のペットフードの事件も、範囲が小規模なら原因が分からずにそのまま終わったのでは・・・と思ってしまいます。

モミジの病気は今回のようなペットフード事件とは関係ないですが、アレルギーの原因にはなっているのでフード選びは難しいです。


ちなみにモミジは病院でもマイペースでボーッとしているため、
病院の先生によく笑われます。
注射されても微動だにせず、気づいていないようです(´ー`;


   人気ランキング    にほんブログ村 猫ブログへ   ポチッとお願いします☆

その1の続報です。(4/4現在)

小麦グルテンに焦点を絞っていますが、まだ確定には至っていないようです。
----------------------------------------------------------------
■日本の場合

アメリカではメニューフーズ社とメーカーがそれぞれ回収していますが
日本に向けてのメニューフーズ社の対応は出ていないようです。

メニューフーズ社に製造を委託していた各メーカーが今回の事件にどう対応するか発表しています。アメリカで流通している製品と、日本で流通している製品の工場が違うため、日本国内の製品が危険とは見なされていないようです。
※日本ではヒルズのみ缶詰を回収しています。

注意が必要なのは、代理店ルート並行輸入ルートの2種類があることです。

代理店ルート(正規品)
日本で商品を扱う権利を持った正規代理店が販売

並行輸入ルート
北米の各国内で流通しているものと同じ商品を輸入して販売

正規品は、日本の販売メーカーが大丈夫と言えば、一応安全という事になります。並行輸入品は、北米で流通している製品と同じ危険があります。

心配な場合は、購入したお店に確認した方がいいかも。
中には並行輸入なのに、正規品と偽って販売するショップもあるらしいので、油断出来ませんが・・・。

----------------------------------------------------------------
■今のところ日本製品で回収しているのは?

ヒルズのみのようです。
缶詰のみ
http://www.hills.co.jp/news/reca070319.shtml
ドライは安全
http://www.hills.co.jp/news/reca070403.shtml

----------------------------------------------------------------
■アメリカで個別対応しているメーカーは?

ヒルズ
ドライフード
http://www.hillspet.com/menu_foods/md_Recall_03302007_en_US.htm
缶詰
http://www.hillspet.com/menu_foods/Menu_Foods_en_US.htm

Prescription Diet m/d からはメラミンとメラミン副産物が検出されているので要チェックです。
http://www.fda.gov/bbs/topics/NEWS/2007/NEW01599.html

ピュリナ (ネスレ)
「アルポ プライムカッツ イン グレイビー ウエットドッグフード」のみ
日本国内の正規品は安全
http://www.purina.co.jp/news/recall_2.asp

----------------------------------------------------------------
■その後の経過は?

小麦グルテンの輸入を停止
http://abcnews.go.com/Politics/wireStory?id=3001632

小麦グルテンを販売した会社
Xuzhou Anying Biologic Technology Development Co., Ltd
サイト http://www.xzay.com/
英語版 http://www.xzay.com/english/index.asp
非常に重くて表示されにくいです。

会社はの言い分としては
「うちじゃ小麦グルテンは作っていない。近くの州から買った。」
とのことです。仮にこれが本当だとしても、流通に関わったのなら
少しは責任を感じても良さそうですが、
「他にもたくさん輸出業者があるのに、何で自分とこだけ非難されるんだ」
と文句を言っているようです。調査も一応するそうですが・・・。

----------------------------------------------------------------
■海外での報道

繰り返しリコール製品の警告を報道しています。
リコール開始から2週間経っても、未だにが病院に運ばれてくる犬と猫がいるそうです。

CBSニュース
なぜ猫の方が犬よりも被害が大きかったか
・同じ物質でも動物により与える影響が違う。猫はメラミンに弱い可能性がある。
・猫は薬物や殺虫剤、植物など、様々な化学物質に影響されやすい動物であること。
現状のFAQ
Q どのくらいのペットが影響を受けたか?
A 何百匹ものペットが死んだかもしれないと示唆されていますが、
  報告があったのは15匹です。
Q 汚染されたフードを食べたときの症状は?
A 食欲不振、虚脱感、および嘔吐を含む腎不全の兆候が見られる。

ビデオ (最初に15秒ほどCMが入ってます)
リコールの続報
手作りフードの作り方 (結構おおざっぱ・・・深夜の通販を思い出すかも)

----------------------------------------------------------------

早く原因がはっきりして、事態が収束してくれるといいのですが。

・・・



   人気ランキング    にほんブログ村 猫ブログへ   ポチッとお願いします☆

メニュー・フーズ社のペットフードの大量リコール問題・・・
対岸の火事くらいに見ていましたが、まだまだ飛び火していました。

昨夜、何気なくTVのチャンネルを替えていたら、BSのワールドニュース(だったかな)でリコール騒動の続報をやっていました。
海外では大騒ぎで、ニュースでもかなり報道されていますが、日本も同じなんでしょうか?ネットでしか見かけないのですが・・・。

ついにリコール対象にドライフードも追加され、ヒルズも自主回収スタートです。

----------------------------------------------------------------
■事件の内容
http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200703180008.html
イヌやネコの腎不全が相次いで報告され、原因がカナダのペットフード大手メニュー・フーズ社製の製品が原因と発表。

http://news.livedoor.com/article/detail/3087645/
FDA(米食品医薬品局)がこれまでに死亡を確認しているのは、イヌ1匹、ネコ13匹で、ネコの方が死亡する確率が高い。腎臓の機能が低下し、食欲減退、嘔吐などの症状が出るほか、元気もなくなるという。


工場で混入ではなく、原因が中国から輸入された小麦 (正式には確定していませんが) となると、どの工場で生産されたかどうかだけでは済まされなくなるのでは?と危惧されています。

消費者としては、少しでも早く今回の騒動のはっきりした原因が明らかになる事を待つのみです。
情報が日々追加されるので、自分が購入しているメーカーの情報をしばらくはマメにチェックする必要がありそうです。

----------------------------------------------------------------
■現在のリコール対象商品

メニュー・フーズ社があげているリコール対象
http://www.menufoods.com/recall/product_cat.html
販売している銘柄に有名フードが多くあります。以下はほんの一部ですが、、、
・ナチュラルチョイス
・アイムス
・ベストチョイス
・ニュートロ ナチュラルチョイス
・ユーカヌバ
・サイエンスダイエット (ヒルズ)

サイトはリコール問題のカテゴリを残して全撤去しているようです。
そりゃそうかも・・・


■日本では?
ヒルズが対応を始めています。

ヒルズ サイエンス・ダイエットシリーズ
今のところ被害報告は出ていませんが、万が一を考えて自主回収スタート

日本の対応
缶詰のみ (ドライフードの発表はまだありません。)
http://www.hills.co.jp/news/reca070319.shtml

アメリカの対応
ドライフード
http://www.hillspet.com/menu_foods/md_Recall_03302007_en_US.htm
缶詰
http://www.hillspet.com/menu_foods/Menu_Foods_en_US.htm


他メーカーでニュースリリースに上がってきているところは見かけませんでした。
アイムスは国内販売分は大丈夫と発表しています。
「米国・カナダでのMenu Foods, Inc. のペットフードの自主回収に関して」

----------------------------------------------------------------
■Menu Foods(メニュー・フーズ社)とは?

最初メニュー・フーズ社リコール問題のニュースを見て、
聞き慣れないメーカーだなぁ、とりあえず安心か・・・と高をくくっていました(ーー;)
実は超がつく程の大手ペットフード製造会社でした。

メニュー・フーズ社は委託されたメーカーのフードの製造をしていて
北米にある小売メーカーの上位20社のうち、17社の製造を受け持っています。
北米大騒ぎ、大規模回収になる理由がこれで分かりました。

情報公開が遅かったり不十分なため、かなり非難されています。

この問題、どこまで発展するんでしょうか。
恐ろしいです。
----------------------------------------------------------------    
ちなみにモミジは・・・

サイエンス・ダイエットのヘアボール・コントロール(シニア)を食べてます。缶詰とドライフードの割合は1:1です。ドライもウェットも同じくらい好きなので、どちらかしかあげないと抗議されます。

過去にアイムス、ニュートロ ナチュラルチョイス 、ユーカヌバを試しましたが、アレルギーの発疹が治らなかったので、どれも続きませんでした。
サイエンス・ダイエットがかなり良いと言うわけではないですが、一番落ち着いています。

万が一を考えるとフード替えを・・・と考えていますが、有名メーカーの多くが騒動に巻き込まれているため右往左往しています。

中国の汚染問題は深刻なので、中国からの輸入物は買わないように気をつけても、海外に輸出され加工されて入ってくるので厄介です。
ペットフードもその例外ではなかったとは・・・

え?

ほんと、どうしよう・・・ 

続報 その2 へ

   人気ランキング    にほんブログ村 猫ブログへ   ポチッとお願いします☆



 

Copyright © 茶トラ猫とめざす健康ライフ, All rights reserved.